近況報告(2015年2月14日)

●小湊鉄道&いすみ鉄道を舞台にした漫画『澄み渡る小湊』
●日本各地の飛び地をテーマにしたローカルギャグ漫画『飛び地刑事【デカ】』

以上の2作品は、今年度の作品展の締め切りか開催日の都合でそろそろ作画を再開したいのですが…本当は昨年秋にやりたかったのに…汗
間に合わない場合jは、来年度以降すぐ出展できる形になるよう作画を4月以降に再開します。

●群馬県の川原湯温泉を舞台にした漫画『町おこし大作戦 in 長野原』
町おこし大作戦 in 長野原第二稿
2000年ごろから構想していた作品のはずですが、ダム建設が事業仕分けの「凍結対象」に入っていたはずなのに、3年前の震災により、発電所の必要性が上がってしまい、結局建設開催で水没が確実になってしまった「観光客サイドから見た悲しみのドキュメンタリー」に当たる作品です。
(もちろん、現実になって欲しかった「ハッピーエンドの最終話」バージョンもあるのですが…)
登場人物が異なる第一稿は姉妹サイトでそのうち公開予定ですが、今回放置プレイを経てネームを完成させたいのは第二項。
旧谷中村のエピソードに登場する栃木県旧藤岡町(栃木市)民キャラも、放置しているうちに作ったわけなので、せっかくなので生かさないと…。
作中に登場する偉人「田中正造」翁、なかなか描くのが難しいような…。

●「庚申塔」や石仏をテーマにした漫画『庚申アカデミー』(仮)
ここ数年前より、地元である両毛地方(群馬県南西部と栃木県足利市&佐野市)を中心に庚申塔や石仏を撮影しておるので、そういうテーマの作品はあまりないかもね?という思いつき。
地域別に住民キャラを設定する予定なので、登場キャラの詳細は後日に。
学習塾の名前っぽいので、まずかったら「ユニバーシティ」をくっつけようかなと。

青面金剛像の解説0
一例写真での補足。
「①月日」については、月と太陽の下に「瑞雲」がついている場合や、鶏がついている場合もあります。
「②顔」の部分ですが、かぶっている烏帽子の形状で、髪が逆立って見えるものもあるようで、「ドクロ」「蛇」がついている場合もあります。
「③脇手」は弓矢などの武器を持っていて、もし2組あったら「六臂」と数えます。
「④剣」は合掌している場合、右の脇手にあります。
ものによっては、「夜叉」や「童子」がついてくる像も。

近況報告(2014年5月10日)

今回は、現在着手している作品の近況を…。


江差線を舞台にした漫画『遥かなる上ノ国』
遥かなる上ノ国P2_0s.jpg
当初の予定は、「2014年5月10日までにネームのPDF版をアップする」はずでしたが、お約束でスケジュールミスをやらかして、今月20日から6月半ばまで作業が長引きそうな可能性が…汗
(取材旅行もしたかったが、運営する鉄道会社の不祥事を引きずってしまったり、旅費が捻出できなかったりと、地図サイト上での画像検索?という最悪パターンに…汗)
完成原稿として仕上げるとしたら、廃止から数年後に伸びてしまったりして?


日本全国の市町村の飛び地をテーマにした漫画『飛び地刑事【デカ】』
飛田&地井クンのラフ画
5月上旬地点、ネームは完成し、背景パースは扉絵以外でほぼ完了、今はそのトレスに入っているのですが、3月末の締め切りを想定していたつもりで作業を急いだのを一変、7月以降の締め切りを想定しての作画ペースに変更したら、スローダウンしすぎ…そろそろ急がねば。
栃木県足利市羽刈町の飛び地を第1話のテーマとしてあげていますが、ストーリーの前半は群馬県邑楽町、後半は台東区浅草か雷門界隈を舞台にしていたりして。
今回の作画を終えたら、第2話以降か足利市新宿【あらじゅく】町の飛び地をテーマにしたストーリーのシナリオを書き始めたいのだが…。


近いうち作品化したいのは、ここ数年没頭している「庚申塔」や「青面金剛」をテーマにした漫画とか…。
(きちんと、地元の石仏類をいくつかデッサンしたり、勉強しますけどね…)

漫画『華麗なる姫島』ネーム、22ページ~ラストシーン

前回の記事に引き続き、今回は大分県姫島村が舞台の漫画『華麗なる姫島』の22ページ~最終ページのネーム(下絵)を紹介します。

(リンク先をクリックすると大きいサイズで画像が見られます)
華麗なる姫島・ネームP22
虎姫&志波姫(作中ではシワちゃん)との別れの朝。

港では、大海クンと海老島でフェリーに乗った虎姫&志波姫を見送る。
華麗なる姫島・ネームP23

その便に乗っていたのは、帰省した海老島の兄弟ということで…。
華麗なる姫島・ネームP24
海老島の兄弟を加えて、海老尽くしの一家団欒で大団円へ…。
原稿用紙へ作画するとすれば、今年の夏以降になりそうです。

ついでに、今までの記事リンクを載せておきます。
3ページまでのネーム 6ページまでのネーム 8ページまでのネーム 12ページまでのネーム
15ページまでのネーム 18ページまでのネーム 21ページまでのネーム

東北地方太平洋側と関東沿岸部での地震&津波の犠牲者のご冥福と一日も早い復興をお祈りします。

漫画『華麗なる姫島』ネーム、21ページまで

前回の記事に引き続き、今回は大分県姫島村が舞台の漫画『華麗なる姫島』の21ページまでのネーム(下絵)を紹介します。

(リンク先をクリックすると大きいサイズで画像が見られます)
華麗なる姫島・ネームP19
虎姫&志波姫(作中ではシワちゃんと呼ぶ…)が大海クンと海老島を待ち合わせるが、そこに来たのは海老島でなく、「えび姫さま」(…の着ぐるみ)
えび姫さま
中の人は海老島なのでした…。
盆踊り会場の近くには、島根県海士町(隠岐諸島・中ノ島)の住民と新潟県粟島浦村の住民・浦島粟太郎がサザエ料理などを提供する屋台を出店。

海老島のゆるキャラサプライズ?に対抗して、虎姫&シワちゃんが姫島の応援ソングを発表。
華麗なる姫島・ネームP20

祭ばやし?のメロディを知らないという訳でなく、あえてセリフなしで盆踊りの雰囲気を…
華麗なる姫島・ネームP21
地元の小学生たちが踊るのを見ながら踊りを真似る虎姫&シワちゃん、「えび姫さま」も踊る。
キツネのお面?の踊り子、適当で申し訳ない…。

次回は、いよいよラストシーン…お楽しみに。

漫画『華麗なる姫島』ネーム、18ページまで

前回の記事に引き続き、今回は大分県姫島村が舞台の漫画『華麗なる姫島』の18ページまでのネーム(下絵)を紹介します。

(リンク先をクリックすると大きいサイズで画像が見られます)
華麗なる姫島・ネームP16
前回に引き続き、海老島と大海クンや虎姫&志波姫(作中ではシワちゃん)が姫島の七不思議を巡るサイクリング。

5つ目は「逆さ柳」…海老島の説明を聞いたシワちゃんが栃木県大平町(栃木市へ合併で残念…)の大中寺にある七不思議の一つ「逆さ藤」を連想。
6つ目は「かねつけ石」…虎姫&シワちゃんの間に「筆の戦い」が勃発し、大海クンは生かすパスタを食べた後の「おはぐろ状態」を見せびらかす。

最後は「拍子水」…女性陣と大海クンに分かれて温泉に立ち寄る。
華麗なる姫島・ネームP17
大海クンの自宅のカレー屋にて夕食をとる4人。

そこに新潟県粟島浦村の住民・浦島粟太郎【うらしま・あわたろう】が訪れ、「頑張る離島の町村同盟」を結ぼうと要求…。
華麗なる姫島・ネームP18
同じ独立の道を選んだ島根県海士【あま】町(隠岐諸島の中ノ島)との共通点は「さざえ」だとか。

虎姫&シワちゃんが計画した姫島の盆踊り当日に実行予定の作戦とは…?次回に続く。
プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
pixiv最新イラスト
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter...

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる