スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機関誌「庚申ゼミナール(仮)」の構想

当初は、昨年(2015年)秋に完成するつもりだった、庚申塔の機関誌「庚申ゼミナール(仮)」の制作も、諸事情ありまして、2016年内か17年初頭の完成の可能性が出てきました。
でも、今年は「申年」なんだけど、「庚申【こうしん・かのえさる】年」は36年前の1980年(昭和55年)だったのよね。
(私は申年生まれではないので、あしからず。)

15年9月の地点では、こんな感じ↓で構想を練っていました。
機関誌「庚申ゼミナール(仮)」の構想

とりあえず、創刊号の表紙は、こんな感じ↓になるつもり(PDF文書版の完成品は、タイトルとトピックの文字列が入ります)
庚申ゼミナール(仮)創刊号・文字なし
庚申塔の一種・青面金剛像の前で合掌している女の子は、次号となる第2号に掲載する漫画の作中で登場予定ですが、当てるページ数増やした方がいいかな?

こちらの記事で紹介した、漫画「庚申アカデミー」ともう一つ、2015年の夏休みを「1話1日」(至近距離の撮影地なら「1日2話以上」のストーリー展開に)で描く小学生の自由研究をテーマした漫画『茉莉花ちゃんの庚申めぐり』を掲載予定です。

主人公は、母親の出身地・群馬県みどり市大間々町の実家へ泊まりに来た福島県矢祭町民の女の子、小宮山茉莉花【こみやま・まりか】
このラフ画↓では、年齢別にキャラデザインを描いていますが、作中は小学3年生?(9歳)として登場予定なので、左のキャラデザです。
小宮山茉莉花(ラフ画)

矢祭町生まれである父親の律君(左)は数回しか登場しませんが、母親の碧【みどり】(右)は、第1話の他、旧盆に当たるシーンでも登場します。
小宮山律のラフ 儘田(小宮山)碧96

作中では、主に両毛地方一円にある庚申塔を訪問しますが、最終回に矢祭町の庚申塔(あればいいんですけどね…)が出るかも。

目次を作った地点では、両作品とも「2ページずつの連載作品」になっているけど、次号から4ページ?にした方がいいかな?
(ほぼ15年前、「2ページ完結の連載形式」っぽい漫画のネーム[下絵]を描きまくっていたし…汗)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
pixiv最新イラスト
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter...

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。