漫画『大糸線と白馬の王子様』の風景(2)

今回は前回の記事に引き続き、漫画『大糸線と白馬の王子様』11ページまでの風景写真とその資料を元に描いた背景パースを紹介します。
(Togetterまとめ「漫画『大糸線と白馬の王子様』の風景探し #ooitoline #nagano #niigata」もあわせてご覧ください)


6ページ目
穂高町(現・安曇野市)民の男性・有明穂高【ありあけ・ほたか】君が乗車する穂高駅。
穂高駅の駅舎
写真はこちらのサイトよりお借りしました。
リニューアル前の旧駅舎も捨てがたいですけど…。


7ページ目
長野県2つの「松川」と穂高クンの美術館デートを断る場面で通過の信濃松川駅。
信州松川駅の駅舎 写真はこちらのサイトよりお借りしました。
こちらもリニューアル前の昭和の香り漂う?旧駅舎も捨てがたいけど…。
長野県にも有明駅はあるが、通過で作中に駅舎は出ない?
なお、東京が本館の(作中で穂高君がデートに誘う)ちひろ美術館の長野分館?はこんな感じ。
長野ちひろ美術館
写真はこちらのサイトよりお借りしました。

信濃大町の1番線
駅名標をバックに渚クンと新島と別れ、渓雲クンと福母【ふくも】ちゃんと出会う信濃大町駅。
信濃大町の駅舎 写真はこちらのサイトよりお借りしました。
その後は、地名の足し算にハマりだして渓雲たちがあきれるシーン。


9ページ目
主人公・中条が渓雲クンと福母ちゃんと別れ、白馬(!)にまたがる神城君に出会う白馬駅。
白馬駅の駅舎
写真はこちらのサイトからお借りしました。

10ページ目は、魅力的にしないといけないので、ちゃんと資料を見て白馬(動物のね)を描くこと!

11ページ目は、当初シラカバ並木にしたかったようだが、途中まで駅前商店街に差し替えか?
白馬駅前の商店街
写真はこちらのサイトからお借りしました。


大部分は、グレースケールで印刷したものを参考にして背景を描くので、パースが完成したら追記します。
(該当記事:8ページまでのネーム 11ページまでのネーム
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
pixiv最新イラスト
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter...

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる