漫画『八丈の星』主要登場キャラのラフデザイン

今回は、東京都の亜熱帯・伊豆諸島八丈島八丈町)を舞台にした漫画『八丈の星』に登場する主要キャラのラフデザインを紹介します。

まずは、主人公の福島県矢祭町民の女性・小宮山政子から…。
小宮山政子のラフ画
高校時代に天文学部に所属し、合宿で八丈島に訪れたが迷子になってしまい出会ったのが、地元民の大島八丈君。
大島八丈のラフ画(2004年)
八丈島での再会時での八丈クンの設定に迷っていますが…シナリオがある程度進んだら、確定するかと。

そして、八丈クンの家族である甚太と美津音(両親)や、大島八丈と乙千代のラフデザイン。
大島甚太と美津音のラフ
最初のラフ画は7年近く前に描いたので今と絵柄が違うため、↓こちらでも八丈クンを掲載。
大島八丈と乙千代のラフ
まだ、八丈クンを一人息子と決めたわけではないのですが…。

ついでに小宮山政子の家族である法男と司(両親)や、律&憲次(兄で、長男と次男)のラフデザイン。
小宮山法男と司のラフ
あともう一人、出番は少ないものの祖父もいるとか…。
小宮山律&憲次のラフ画

矢祭町と八丈町、自治体での取り組みでカブっていたのは、「子育ての支援金」(金額が異なると思いますが…)辺りだったかな…。
作中、矢祭町が出るのは1割か2割程度かと思いますが…。
政子と八丈クンのデートのシーンにご当地自慢を織りまぜる形となるので、32ページ前後の作品として制作予定です。
しばらくしたら、シナリオを書くつもりです。
(恒例の身長設定は、家族別にすべきか?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
pixiv最新イラスト
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter...

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる