漫画『大糸線と白馬の王子様』ネーム、11ページ目まで

漫画『大糸線と白馬の王子様』ネーム、8ページ目まで」に引き続き、今回は11ページ目までネームを紹介します。
(画像のリンクをクリックすると大きなサイズで見られます)

8ページ目後半から続く(時々地名が登場する)「インド式かけ算」の残りから、渓雲クンと福母【ふくも】ちゃんとは白馬駅で一旦お別れ。
大糸線と白馬の王子様P9

そして、馬が歩く音が聞こえてくると…
大糸線と白馬の王子様P10
白馬にまたがり神城クンの登場 !!

そして、中条の出発駅で大爆笑する神城クン。
(タイトルが示すとおり、王子駅…)←卓球の福原愛選手の王子サーブ発祥の地の噂も !!
大糸線と白馬の王子様P11

当然ネームなので馬の描写がいい加減ですが、原稿用紙に下描きするまでに馬の資料を見つけてこないとねぇ…。
確か、東武伊勢崎線多々良駅から近くにある牧場で馬を見かけたような…。(単なる栗毛で、サラブレッドでもなかったような…?)
スポンサーサイト
プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
pixiv最新イラスト
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter...

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる