近況報告と年賀絵(2017年12月28日)

2018年は戌年なので、年賀絵はもちろんが登場しています。

飛田さんと犬を追いかける親子1000
右(母親)が富山県民キャラの綾小路氷見【あやのこうじ・ひみ】で、中央(娘)が多耶【たや】、松の木のそばで見守っているのは、愛知県出身の東京都民キャラ・飛田知里子【とびた・ちりこ】です。

google+で、「富山県の形って、もふもふした子犬に見えるよね」とコメントしていた方がいたので、だまし絵として子犬がイラストの左上に登場しています。
神奈川県の形も「お し っ こしてるワンコ」に似てるけどね~。

近い構図で、飛び地垢のためにドット絵も作ってみましたが、松並木が似ませんね~
飛田さんと犬を追いかける親子180

なお、登場人物は、2006年の年賀絵にも登場したキャラが2人とも登場しています。
飛田さんと犬を追いかける親子s3
絵を構想した当初から、ドット絵として別レイヤで貼り付ける形を検討していました。

ここ数年話題のマンホールカードですが、2017年12月9日から富山県氷見市のブリのデザイン蓋も配布開始とは…氷見市にある高岡市の飛び地の手描き地図を描いていたら、余計行きたくなってきたけど、先立つものが…汗
氷見市にある高岡市太田の飛び地600

hr_leaf08_620

こちらの記事で、漫画『コダーイの音楽日誌』(2017年はハンガリー出身の作曲家コダーイ・ゾルターンのアニバーサリーなので)に触れたが、登場キャラ(参照記事、他3つ)は大体揃ったので、進行状況を。

コダーイの音楽日誌p1_扉絵

12月25日時点で14ページ目までネーム(下絵)が進みましたが、参考資料を印刷できなかったりなので、なかなか進みませんでした。
最悪、一気に2ページ分進めて終わらせるかも。
(PDF文書版は年内にアップできない可能性もあったりして?)
スポンサーサイト

テーマ : イラストレーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017酉年の年賀絵

滑り込みセーフのタイミングですが、2017酉年・年賀状素材コーナー(年賀絵)を追加しました。

飛田さんと鶏、卵かけご飯(柏市根戸新田飛地)
飛田さんと鶏、卵かけご飯の年賀状
2つのデザインのうち、恩師や知人に送ったのは、前者の「柏市根戸新田の飛び地」の地図を入れた方のデザインです。
もちろん、地図を入れていない年賀絵のみのバージョン(PDF文書版)もあります。


しかし、2013年(巳年)から「十二支(干支)つながりの地名そばの飛び地」シリーズの年賀絵を描いているが、2024年の「辰年」まで続けようとすると、「うさぎ(卯)年」と「とら(寅)年」は難しいですね。

「いぬ(戌)年」は、2006年に描いた氷見市民キャラのうち1人を「親子」にして、犬の散歩とか。
(「犬」つながりの地名そばの飛び地が見つからなかった場合、富山県氷見市にある高岡市の飛び地の手描き地図を入れるかも)

「いのしし(亥)年」は、福島県猪苗代町にある「喜多方市の飛び地」とか。

「ねずみ(子)年」は、福島県西郷村真船の甲子温泉から近い距離にある飛び地とか。
(三斗小屋温泉付近にある栃木県那須塩原市の飛び地とか)

「うし(丑)年」は、過去の「うま(午)年」で龍ケ崎市馴馬町の飛び地(女化稲荷神社)の手描き地図を載せたので、牛久市さくら台飛び地あたりの地図を入れようか、シリーズの最終となる「辰年」で前述の龍ケ崎市飛び地の手描き地図を再利用しちゃうか。
(旧黒保根村と旧新里村エリアがそのまま飛び地になった群馬県桐生市の手描き地図ってのもありですが、広沢町の飛び地の比率が難しい…汗)

思いつかないのもあるので、この辺にしておこう。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

漫画『リスト協奏曲』と『マーラーの花園』のネーム(+近況報告)

今回は、こちらのブログ記事に登場キャラのラフ画を紹介した漫画『リスト協奏曲』と『マーラーの花園』のネーム(下絵)を紹介します。


●作曲家リストのアニバーサリーイヤーを記念したギャグ漫画
『リスト協奏曲』

漫画『リスト協奏曲』
2011年に生誕200年を迎えたリストの曲名っぽい地名を語る作品で、4ページ読みきり。(ネームを2011年12月30日完成)
リストの似顔絵
★登場人物★
ウィルナ・ギブソンのバストアップウィルナ・ギブソン
オーストラリア在住の女性で、リストの大ファン。

フレデリック・スカエンのバストアップフレデリック・スカエン
デンマーク在住の男性で、ウィルナのペンパル(文通相手?)。


マーラーのアニバーサリーイヤーを記念したギャグ漫画
マーラーの花園』

漫画『マーラーの花園』
2011年に没後100年を迎える(前年2011年は生誕150年)マーラーの曲名っぽい地名を語る作品で、4ページ読みきり作品。(ネームを12月31日完成)
マーラーの似顔絵
★登場人物★
前田永太郎のラフ画160前田永太郎【まえだ・ながたろう】
埼玉県花園町(現・深谷市)民の男性で、特技はトランペットの演奏。
布施楠音のラフ画160布施楠音【ふせ・くすね】
大阪府東大阪市民の女性でマーラーの大ファンであり、ソプラノ歌手。
梁瀬新子のラフ画160梁瀬新子【やなせ・あらこ】
和歌山県花園村(現かつらぎ町)民の女性で、バイオリニストでもある。

以上の2作品は、「ことねっちの部屋」の『漫画のその他のダウンロードページ』でPDF文書として読めます。


以下、近況報告。
樽見鉄道を舞台にした漫画『晴れ渡る樽見』
もちろん、ピンチが迫る路線と言うことで、優先度がある程度上。(登場キャラのラフデザインはこちら
岐阜県大垣市を基点とした樽見鉄道の路線図はこちら↓
樽見線の路線図(昭和40年初頭?)
樽見鉄道周辺の地図(1988年?)
岐阜県根尾村水鳥周辺の地図美濃神海駅以北の地図
1月20日時点でネームが6ページ目。

ある意味「泥舟」扱いされてしまった栃木県岩舟町が絡む漫画『契りあう街』(全16ページ読みきり作品)を諸事情で放置してしまったが、前述の作品が一段楽したら、完成した原稿のPDF文書をアップ予定です。
契りあう街-扉絵
参照:ブログ記事「沈みがちな岩舟」〔岩舟(岩船)つながりの地名〕

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

漫画『氷見の秘密』第3話のネーム

長らくお待たせしました!
前回の記事に引き続き、今回は富山県氷見【ひみ】市を舞台にした漫画『氷見の秘密』第3話の補足とキャラクター紹介です。
(2010年内に公開…と公言したものの、諸事情で予定が延びてしまいました)

第3話のオリジナル版のPDF文書はこちらから「himi_sec3-p1to8_o.pdf」を選択し、中断した第4話同梱のPDF文書はこちらから「himi_sec3-p1to8.pdf」を選択してください。


第3話「恐怖のこおりつながり」
第3話(扉絵)

(ブログ記事「氷つながりの世界観」と一部内容がカブりますが…)
暇を持て余した綾小路が、宿帳を勝手に見てしまうと、名前や住所の一部が「こおり」つながりになっている事に気付いてしまう。
舞台の氷見市はともかく、群馬県碓氷【うすい】郡(2004年?に松井田町が安中市へ合併により消滅)、福島県郡山市、愛媛県西条市氷見…。
そして、旭川市から訪れた氷雨竜【こおり・うりゅう】(4ページ、5コマ目で女性)と父の北竜【ほくりゅう】(同ページ、2コマ目)と妻の一家が旅館に訪れ、風連【ふうれん】の行方を伺う。
風連と話合っていた砺波君との関係はストーリーが進み次第、明らかに?

日没間近に西条一家が訪れると、偶然「氷見」という名前の女性と遭遇!
福島県桑折【こおり】町の住民はもちろん、桑ノ院より愛知県蒲郡【がまごおり】市やアイスランドの客も来る話を聞く。

主な登場人物
綾小路のバストアップ 主人公・綾小路氷見【あやのこうじ・ひみ】
富山県氷見市にある旅館の末娘で、青銀髪(見た目上は水色)がチャームポイント。
のちに血筋の謎が明かされていくとか…?

十亀砺波のバストアップ 十亀砺波【そがめ・となみ】
富山県砺波市民の男性。
作中では言及していないが、綾小路の許婚らしい。

西城氷見のバストアップ 西城氷見【さいじょう・ひみ】
愛媛県西条市民の女性。(予讃本線伊予氷見駅付近に住んでるとか?)

桑ノ院のバストアップ 桑ノ院緋文【くわのいん・ひふみ】
氷見市民の女性で、綾小路の同級生。
自宅は桑ノ院鉱泉の旅館。

椎名桑折のバストアップ 椎名桑折【しいな・こおり】
福島県郡山市民の女性で、無邪気な性格。
(2011年現在は桑折町の住民)


今回のおまけ:2003年冬に中断してしまった「第4話・女性剣士・仏生寺葛葉参上!
氷見の秘密第4話

主な登場人物
葛葉のバストアップ 仏生寺葛葉【ぶっしょうじ・くずは】
氷見の幼なじみで剣道部員の同級生。大人びている中学生。

夏葉のバストアップ 仏生寺夏葉【ぶっしょうじ・なつは】
氷見市民の女性で、葛葉の姉。

第4話をきり直し、葛葉の話を9月の彼岸以降の時期設定に持ってきて新たにネームを描き始めるとすれば、今年6月以降になりそうですね…。

藤棚と麻蛭【まひる】ちゃんのデスクトップ壁紙

去年(2010年)秋より、『ことねっちの部屋』の「漫画その他のダウンロードページ」にて「オリキャラのデスクトップ壁紙」のコーナーを設けていますが、先ほど「藤棚と麻蛭ちゃんの壁紙」を追加しました。
(1600×1200ピクセルの壁紙は、別サイトでの公開となります)
藤棚と麻蛭ちゃんの壁紙(サムネイル)
(新作の壁紙を追加後、一定期間が経過すると別ページに項目を移動しますが…)
あしかがフラワーパークで2004年5月に撮影した藤棚の写真を元にしています。

先ほどの絵は、昨年5月上旬に描いた↓こちらの絵の藤娘?の部分だけ流用してます。
藤棚と麻蛭ちゃん
昨年5月18日まで、トップページを飾っていたイラストでもあります。
(『ことねっちの部屋』の2010年5月10日の日記も参照)

藤娘の部分は、↓こちらの絵にかなり手を加えて描いた物でもあったり…。
藤岡麻蛭の願い事
七夕に近い時期に描いた絵であり、短冊部分で突っ込みたくなった方もいると思うが、ブログ記事『理不尽な藤岡?』の通り、栃木県藤岡町は栃木市へ合併、愛知県藤岡町は豊田市へ合併、群馬県藤岡市は鬼石町を合併(本来新町を合併すべきかと思うが、そちらは高崎市へ合併し不自然な飛び地に…)とのこと。

この絵に登場する栃木県藤岡町の女性キャラ・藤岡麻蛭【ふじおか・まひる】は、街の名前を訴える漫画『地名の神様』の「退屈し野木」(破談になった小山市合併説がテーマ)と「契りあう街」(栃木市へ合併に対する思いがテーマ)に登場しているのですが、ショートバージョンとして完成したのは、前者だけ…。
(ブログ記事『卒業生作品展(2008年度)』も参照)

ライフワークにしている4コマ漫画「市町村☆無限大」の第19話は「藤岡つながりの味の共演」がテーマなので、よかったら、そちらも見てください。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ことねっち

Author:ことねっち
主にローカルギャグ漫画を描いています。ダジャレ好きのチメジョでもあります。
(ペンネームは日宮小利根)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterのリスト解析「リストアッパー」
CustomRssReader
関連ブログなどの更新情報
Twitter@kotone326

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックすると、何かいい事があるかもしれません。(1日1回が目安)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる